百貨店の生成過程

藤岡里圭 著

代表的な百貨店を取り上げ、経営者の行動と組織に着目して、いかに管理体制を構築し、顧客開拓や新商品開発を実現したのかを考察し、その生成・発展プロセスを解明する。一次資料を丹念に追いながら、現代の課題に引きつけ、百貨店という新たな業態の誕生に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 百貨店研究の現代的意義
  • 第1章 日本における百貨店化の端緒と博覧会
  • 第2章 百貨店化の決断
  • 第3章 百貨店における顧客の開拓と流行の創造
  • 第4章 百貨店による商品開発
  • 第5章 高島屋装飾部の役割と部門別管理
  • 第6章 部門別管理の発展過程
  • 終章 百貨店における部門の編成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 百貨店の生成過程
著作者等 藤岡 里圭
書名ヨミ ヒャッカテン ノ セイセイ カテイ
書名別名 Hyakkaten no seisei katei
シリーズ名 大阪経済大学研究叢書 第53冊
出版元 有斐閣
刊行年月 2006.3
ページ数 182p
大きさ 22cm
ISBN 464116259X
NCID BA76705903
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21034530
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想