中世ヨーロッパの歴史

堀越孝一 著

ヨーロッパとは何か。その成立にキリスト教が果たした役割とは-。ケルト的なるもの、ローマ的なるものに加えゲルマン的、東方的、ノルマン的、イスラム的等々、多様な要素を混和してヨーロッパは形成された。地中海古代世界を脱けだし、森林と原野の内陸部に繰り広げられたヨーロッパ世界創造のドラマを「中世人」の視点で鮮やかに描く中世通史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 掠奪のエウロペ
  • 第2章 フランクの平和
  • 第3章 冬の時代
  • 第4章 甦る春
  • 第5章 ヨーロッパの成立
  • 第6章 十二世紀中世-感性と知性の景色
  • 第7章 新生のヨーロッパ社会
  • 第8章 王国の経営
  • 第9章 展開の十三世紀
  • 第10章 黒死病以後
  • 第11章 王と諸侯

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世ヨーロッパの歴史
著作者等 堀越 孝一
書名ヨミ チュウセイ ヨーロッパ ノ レキシ
書名別名 ヨーロッパ世界の成立
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.5
ページ数 459p
大きさ 15cm
ISBN 4061597639
NCID BA76704456
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21021030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想