バタイユ : 消尽

湯浅博雄 著

独特な思想家バタイユ。「消尽」「純粋な贈与」「エロティシズム的欲望」「至高な価値」-彼が提示する概念はすべて彼自身によって深く生きられたことである。パリ国立図書館に勤務、ニーチェ、ヘーゲルなどを学び、非知という考え、共同性の思想へと練られてゆく道筋はどのようなものなのか。表象による認識の限界を越えようとする思考の運動に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 バタイユ的領界-内的経験と異質学
  • 第1章 動物性と人間性
  • 第2章 「俗なるもの」の世界の形成
  • 第3章 聖なるもの、宗教性、エロティシズム
  • 第4章 祝祭=供犠の解明に向けて
  • 第5章 原初的宗教性から制度化された宗教へ
  • 第6章 キリスト教の制度化と否定的神学
  • 第7章 欲望論から文学・芸術論へ
  • 第8章 共同性の問いへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バタイユ : 消尽
著作者等 湯浅 博雄
書名ヨミ バタイユ : ショウジン
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.5
ページ数 401p
大きさ 15cm
ISBN 4061597620
NCID BA76703205
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21033619
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想