「私」はいつ生まれるか

板倉昭二 著

自分とは何か。誰もが一度はそんな思いにとらわれる。私たちは物心ついたときから、自分を「私」と認識し、「それは私のもの」と所有を主張する。自己意識とは、一体いつ、どのようにつくられるのだろうか。相手の心がわかる心=「心の理論」「メンタライジング」などを手掛かりにして、他者やモノとの関係性によって生じ、ダイナミックに変化する。「自己」の姿を、認知科学・発達心理学の知見をもとに探求。ニホンザルやチンパンジー、さらにヒトの子どもを対象に、系統発生的・個体発生的な自己の起源を探り、根源的なテーマに挑戦する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「私」という認識
  • 第2章 「私」の発達
  • 第3章 「私」の進化
  • 第4章 他者の心と出会う「私」-メンタライジングの発達
  • 第5章 他者の心がわかる「私」-心の理論の進化
  • 第6章 ロボットに宿る「私」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「私」はいつ生まれるか
著作者等 板倉 昭二
書名ヨミ ワタシ ワ イツ ウマレルカ
書名別名 Watashi wa itsu umareruka
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.5
ページ数 187p
大きさ 18cm
ISBN 4480063013
NCID BA76695344
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21053031
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想