ゴッホ千日の光芒

小山田義文 著

アルルでの「耳切り事件」、サンレミでの精神病院生活、そしてオヴェールでのピストル自殺-。ゴッホが苦しみの中から爆発的な創造力を発揮した1888年2月から1890年7月までの千日間の道程を、東西の芸術・文学の主題と交響させながらたどっていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アルル-1888年2月20日〜1889年5月8日(耳切り事件
  • 事件の経緯
  • 事件のあとさき ほか)
  • サンレミ-1889年5月8日〜1890年5月16日(『星月夜』
  • 自画像)
  • オヴェール-1890年5月20日〜7月29日(『ガシェ博士像』
  • 『博士像』流転
  • 『ピアノを弾くマルグリット・ガシェ嬢』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴッホ千日の光芒
著作者等 小山田 義文
書名ヨミ ゴッホ センニチ ノ コウボウ
出版元 三元社
刊行年月 2006.3
ページ数 188p
大きさ 20cm
ISBN 4883031748
NCID BA76683629
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21097811
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想