遊戯 : その歴史と研究の歩み

増川宏一 著

遊戯史研究の目的と方法を語り、現在の水準を明らかにしつつ未来を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 遊びをせんとて生れけむ-遊戯史研究の出発点と目的
  • 第1章 遊戯の世界史-文明の曙から近世ヨーロッパまで
  • 第2章 遊戯の日本史-古代貴族から軍国主義下の庶民まで
  • 第3章 遊戯の法則-遊戯の主体としての人間の変容
  • 第4章 遊戯・賭博に対する見解-平和をもたらす行為か悪魔の技か
  • 第5章 遊戯の研究史-ホイジンガから宮武外骨、酒井欣まで
  • 終章 "遊ぶ人間(ホモ・ルーデンス)"が平和をつくる-遊戯史研究の現状と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遊戯 : その歴史と研究の歩み
著作者等 増川 宏一
書名ヨミ ユウギ : ソノ レキシ ト ケンキュウ ノ アユミ
書名別名 Yugi
シリーズ名 ものと人間の文化史 134
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2006.4
ページ数 296, 8p 図版8p
大きさ 20cm
ISBN 4588213415
NCID BA76657265
BC0726002X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21075322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想