日本のイノベーション・システム : 日本経済復活の基盤構築にむけて

後藤晃, 児玉俊洋 編

[目次]

  • 日本のイノベーション・システム-強みと弱み
  • 第1部 サイエンスリンケージと産学連携(日本特許におけるサイエンスリンケージの計測
  • 産学連携の分析枠組み-現実を直視した技術移転モデルの開発
  • 理工系人材形成における産学官協力-イギリスのケース)
  • 第2部 中小企業とネットワーク形成(産業クラスター形成における製品開発型中小企業の役割-TAMA(技術先進首都圏地域)に関する実証分析に基づいて
  • 中小企業の産学連携と研究開発ネットワーク-変革期にある日本のイノベーション・システムにおける位置づけ)
  • 第3部 企業の戦略とコーディネーション(マルチサイド・ソフトウェア・プラットフォーム-ビジネスモデル、産業政策とイノベーション
  • アーキテクチャの比較優位に関する一考察
  • サイエンス型産業が直面する複雑性と組織限界-半導体露光装置産業の事例から
  • イノベーションと組織・経営改革-電機産業のケース)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本のイノベーション・システム : 日本経済復活の基盤構築にむけて
著作者等 児玉 俊洋
後藤 晃
書名ヨミ ニホン ノ イノベーション システム : ニホン ケイザイ フッカツ ノ キバン コウチク ニ ムケテ
シリーズ名 経済政策分析シリーズ / RIETI 編
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2006.3
ページ数 327p
大きさ 22cm
ISBN 4130402242
NCID BA7661415X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21009226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想