家族史としての女院論

野村育世 著

[目次]

  • 序章 家族史としての女院論
  • 第1章 中世における後家相続
  • 第2章 「家」と親族をめぐる試論-鎌倉期・武士層を中心に
  • 第3章 家領の相続に見る九条家
  • 第4章 評伝・皇嘉門院-その経営と人物
  • 第5章 不婚内親王の准母立后と女院領の伝領
  • 第6章 女院論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族史としての女院論
著作者等 野村 育世
書名ヨミ カゾクシ ト シテノ ニョインロン
シリーズ名 歴史科学叢書
出版元 校倉書房
刊行年月 2006.4
ページ数 312p
大きさ 22cm
ISBN 4751737104
NCID BA76570972
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21077052
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想