総合防災学への道

亀田弘行 監修 ; 萩原良巳, 岡田憲夫, 多々納裕一 編著

災害の実態を見据える。危険に対する人間の偏見を知る。そうして事前の警戒力を高め、臨機応変に非常時へ対応できるコミュニティをつくる。従来型の建物を丈夫にし、避難空間や避難経路を確保するだけではなく、日常的にはアメニティを確保するなど環境の質を向上させるハード面での整備はもちろん、人と人のつながりを強めるソフト面での「まちづくり」を考える。防災を総合的に考え、行政と地域住民が協働で防災に取り組むことにより、災害に強い社会を目指す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 総合防災学へのPerspective(生命体システムとしてみた都市・地域と総合防災
  • 生命体の多様性-身の丈を知る知恵と相互扶助の知恵 ほか)
  • 第2章 防災情報論(防災情報とは何か
  • 災害リスク情報の認知と減災行動 ほか)
  • 第3章 防災まちづくり論(防災まちづくりのためのモデル
  • 伝統構法木造住宅の耐震設計・耐震補強 ほか)
  • 第4章 防災環境論(環境と防災
  • 京都の水辺の歴史的変遷と防災 ほか)
  • 第5章 防災行動論(行動としての防災学
  • 災害ボランティアの現状 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 総合防災学への道
著作者等 亀田 弘行
多々納 裕一
岡田 憲夫
萩原 良巳
書名ヨミ ソウゴウ ボウサイガク エノ ミチ
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2006.3
ページ数 590p
大きさ 22cm
ISBN 4876986770
NCID BA76568518
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21016401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想