グリム兄弟知られざる人と作品

ベルンハルト・ラウアー 著 ; 清水穣 訳

「知の巨人」ヤーコプとヴィルヘルム。その偉大な業績を、グリム兄弟博物館(ドイツ・カッセル)所蔵の遺品と資料でたどる、初めての書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ドイツの童話かヨーロッパの童話か-物語の素材となった伝承について
  • 民間伝承か芸術作品か-『グリム童話集(原題:子どもと家庭のメルヘン)』
  • 言語と文学-ゲルマニスティーク(独語独文学)の創設
  • 学術研究の責任について-学問と政治
  • ヨーロッパ全域に広がる文献学-グリム兄弟の功績
  • グリム兄弟の遺産-記念館と所蔵品
  • ヤーコプ・グリムとヴィルヘルム・グリム-伝記的データ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グリム兄弟知られざる人と作品
著作者等 Lauer, Bernhard
清水 穣
ラウアー ベルンハルト
書名ヨミ グリム キョウダイ シラレザル ヒト ト サクヒン
書名別名 Die Bruder Grimm

Gurimu kyodai shirarezaru hito to sakuhin
出版元 淡交社
刊行年月 2006.4
ページ数 93p
大きさ 23cm
ISBN 4473033198
NCID BA76561541
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21016780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想