現代コミュニケーション学

池田理知子 編

日本人のコミュニケーション・スタイルや異文化受容の問題ばかりでなく、グローバル化の中のコミュニケーション現象を権力構造に焦点を当てて解明する。さらに、日本が進もうとしている方向をコミュニケーションの問題として考える、新しいコミュニケーション論テキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • コミュニケーションと権力-現代コミュニケーション学が目指すもの
  • 第1部 コミュニケーションの地平-非言語・言語・アイデンティティ(時計時間の支配-時間厳守という束縛からの脱却は可能か
  • 空間と権力-監視から信頼に基づく関係づくりへ
  • 言語選択と英語-見えざる権力としての資本主義
  • アイデンティティの問い-コミュニケーション学からの応答
  • レトリックと権力-言語と意味の生成力)
  • 第2部 さまざまな「場」におけるコミュニケーション(家庭内コミュニケーション-その成立と新たな意味づけを考える
  • ジェンダーとコミュニケーション-性差の臨界点で考える「私たち」と身体(bodies)との関係
  • コミュニケーション教育と権力-グローバル社会で通用する「日本人」の育成
  • 組織と権力-変容する企業と個人の関係
  • テクノロジーとコミュニケーション-マス・メディエーションとしての複製
  • メディアのレトリック-覇権をめぐる闘争
  • 多文化主義とコミュニケーション-知の転換期においてコミュニケーション学が果たす役割
  • グローバル化と日本社会-問われる私たちのまなざし)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代コミュニケーション学
著作者等 吉武 正樹
柿田 秀樹
池田 理知子
藤巻 光浩
前田 尚子
臼井 直人
鄭 偉
書名ヨミ ゲンダイ コミュニケーションガク
シリーズ名 有斐閣コンパクト
出版元 有斐閣
刊行年月 2006.4
ページ数 281p
大きさ 19cm
ISBN 4641173184
NCID BA76558332
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21026869
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想