クローチェ美学から比較記号論まで : 論文・小論集

谷口勇 著

トルバドゥール・ロマンス語文学から、クローチェ美学を経て記号論に歩を進め、U.エコからさらに比較記号論や比較フォークロアにまで及ぶ。本論集は、豊富な翻訳体験に基づく著者の四十数年間の学的彷徨の集大成である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 クローチェ美学・表現学関係
  • 2 言語学関係
  • 3 世界文学・比較文学関係
  • 4 ウンベルト・エコ論関係
  • 5 比較記号論関係
  • 付論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クローチェ美学から比較記号論まで : 論文・小論集
著作者等 谷口 勇
書名ヨミ クローチェ ビガク カラ ヒカク キゴウ ロン マデ : ロンブン ショウロンシュウ
出版元 而立書房
刊行年月 2006.3
ページ数 729p
大きさ 22cm
ISBN 4880593303
NCID BA76549160
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21013734
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
L・ドメニキの『紋章談義』の英訳 1585年
大隅為三訳「サフォー」 『希臘美姫傳』所収
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想