戦後政治と自衛隊

佐道明広 著

軍事をタブー視した戦後政治のなかで、自衛隊はどのように成長したのか。官僚による統制と財政的制約を受けてきた歴史を探り、日米関係や防衛政策の内実を解明。新たな脅威のもと、転換点に立つ自衛隊の実態に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 軍事を忘れた国の「軍隊」-プロローグ
  • 再軍備の開始
  • 自衛隊の誕生と成長
  • 第二次冷戦の中で
  • 冷戦終焉と自衛隊
  • 転換点に立つ自衛隊-エピローグ
  • 資料 日本防衛に関する基本方針

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後政治と自衛隊
著作者等 佐道 明広
書名ヨミ センゴ セイジ ト ジエイタイ
書名別名 Sengo seiji to jieitai
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 212
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2006.5
ページ数 291p
大きさ 19cm
ISBN 4642056122
NCID BA76500321
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21019935
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想