日本人論 : 明治から今日まで

南博 著

明治以来の社会的激動の中で、日本人はいかに自らの国民性を考察してきたか。その最も特徴的な個性はどう変容してきたか。代表的な論著五〇〇点余を紹介、解説し、自らの国民性を論じたがるという日本人の謎を多角的に検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序説-国民性とは何か
  • 明治期
  • 大正期
  • 昭和(戦前)期
  • 占領期
  • 現代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人論 : 明治から今日まで
著作者等 南 博
書名ヨミ ニホンジン ロン : メイジ カラ コンニチ マデ
書名別名 Nihonjin ron
シリーズ名 岩波現代文庫 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.4
ページ数 462, 19p
大きさ 15cm
ISBN 4006001576
NCID BA76491264
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21021025
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想