評伝緒方竹虎 : 激動の昭和を生きた保守政治家

三好徹 著

朝日新聞主筆として勇名をはせた言論人緒方竹虎は、第二次世界大戦末期に政界入りする。終戦処理の苦労をつぶさに体験し、五五年保守合同をなしとげ、次期自民党総裁と目されながら急逝-一身にして二世を生きた緒方の生涯と精神を、激動の昭和史に即して描き政治の原点を問う本書は、良質の保守政治家も消え混迷を続ける現在の日本政治の指針ともなるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 役人になるなかれ
  • 英国ふうの九州男児
  • 右翼との戦い
  • 五・一五から二・二六へ
  • 戦時下の主筆
  • 中野正剛の死
  • 政界入りと和平工作
  • 吉田茂との出会い
  • 浪人生活
  • 流れのままに
  • ラン頭の急務
  • 早すぎた死

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 評伝緒方竹虎 : 激動の昭和を生きた保守政治家
著作者等 三好 徹
書名ヨミ ヒョウデン オガタ タケトラ : ゲキドウ ノ ショウワ オ イキタ ホシュ セイジカ
書名別名 Hyoden ogata taketora
シリーズ名 岩波現代文庫 社会
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.4
ページ数 335p
大きさ 15cm
ISBN 4006031327
NCID BA7649016X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21021029
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想