徳川日本のライフコース : 歴史人口学との対話

落合恵美子 編著

徳川時代の人びとはどのような人生を送ってきたのか。歴史人口学的数量分析を中核に、関連分野の質的分析を組み合せることで、人の一生を多角的に描き出し、個人から見た徳川日本の姿を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 徳川日本のライフコース
  • 第1部 産育と婚姻(堕胎・間引きから捨子まで-出生をめぐる生命観の変容
  • 播州農村の家族関係と子育て-家政日記と宗門人別改帳を手がかりとして ほか)
  • 第2部 移動と居住(直系家族システムにおける労働移動-濃尾と東北との比較
  • 高齢者の「子ども」との同居-東北農村における階層と居住形態 ほか)
  • 第3部 継承の戦略(人口学的側面からみた姉家督-常陸国茨城郡有賀村を事例として
  • 先祖祭祀と女性-半檀家から一家一寺へ ほか)
  • 第4部 武士の人生(武士の子の将来-徳山藩士の場合
  • 農民から郷土へ-身分の変化と人口・家族構造の変化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 徳川日本のライフコース : 歴史人口学との対話
著作者等 落合 恵美子
書名ヨミ トクガワ ニホン ノ ライフ コース : レキシ ジンコウガク トノ タイワ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2006.3
ページ数 448, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4623046168
NCID BA7648818X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21014308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想