憲法とは何か

長谷部恭男 著

憲法は何のためにあるのか。立憲主義とはどういう考えなのか。憲法はわれわれに明るい未来を保障するどころか、ときに人々の生活や生命をも左右する「危険」な存在になりうる。改憲論議が高まりつつある現在、憲法にまつわる様々な誤解や幻想を指摘しながら、その本質についての冷静な考察をうながす「憲法再入門」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 立憲主義の成立
  • 第2章 冷戦の終結とリベラル・デモクラシーの勝利
  • 第3章 立憲主義と民主主義
  • 第4章 新しい権力分立?
  • 第5章 憲法典の変化と憲法の変化
  • 第6章 憲法改正の手続
  • 終章 国境はなぜあるのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法とは何か
著作者等 長谷部 恭男
書名ヨミ ケンポウ トワ ナニカ
書名別名 Kenpo towa nanika
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.4
ページ数 193p
大きさ 18cm
ISBN 4004310024
NCID BA76487697
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21024959
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想