ギリシャ・ローマ文学必携

宮城徳也 著

本書は早稲田大学文学部の講義「西洋古典文学」の教科書として書かれた。この授業では1998年以来8年間にわたり、さまざまなテーマを扱ってきた。叙事詩、悲劇、恋愛論、ギリシャ神話、英雄伝説、伝記文学、イソップ寓話、後世への影響などである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 基礎知識編(ギリシャ・ローマ文学の基礎知識
  • 神話と英雄伝説
  • 叙事詩
  • ギリシャ悲劇
  • 「恋愛詩」の伝統
  • 「祝婚歌」について)
  • 2 主要作品編(『オデュッセイア』と『イリアス』
  • ギリシャ悲劇の作品分析
  • ホメロス以後の叙事詩)
  • 3 小事典編(古典文学作家名事典
  • 古典文学用語事典)
  • 4 参考資料編(古典文学関連地図
  • 年表
  • 参考文献)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギリシャ・ローマ文学必携
著作者等 宮城 徳也
書名ヨミ ギリシャ ローマ ブンガク ヒッケイ
シリーズ名 早稲田大学オンデマンド出版シリーズ
出版元 早稲田大学文学部 : トランスアート
刊行年月 2006.2
ページ数 258p
大きさ 26cm
ISBN 4887522843
NCID BA76466427
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21031479
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想