本気で言いたいことがある

さだまさし 著

僕はこの国を心から愛している。でも、自分が好きな「日本」という国は、もしかしたら存在しない幻の国なのかもしれない-。家族、子育て、礼儀作法、コミュニケーション、戦争、平和、義、人情…。三十年以上にわたり、全国を隈無く旅して来た著者だからこそ見える、どこかおかしいこの国の今。時に辛辣に、時にユーモアを交えつつ、しかしあくまで真摯に語り尽くした、日本と日本人への処方箋。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生命の行方(「生命」は誰のものか?
  • 家族が壊れたのはなぜか? ほか)
  • 第2部 心の在処(神さまは本当にいますか?と聞かれたら
  • 教育とは何だろう? ほか)
  • 第3部 情の構造(「惜しまない」から始めよう
  • コミュニケーション不全への処方箋)
  • 第4部 義の崩壊(二束三文の正義
  • 想像力はどこへ行った? ほか)
  • 第5部 時間の秘密(未来はどこへ続くか?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 本気で言いたいことがある
著作者等 さだ まさし
書名ヨミ ホンキ デ イイタイ コト ガ アル
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2006.4
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4106101610
NCID BA76453764
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21018740
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想