「坂の上の雲」と日本人

関川夏央 著

歴史小説の至宝を徹底精読。もう読んだ人も、これからの人も-。近代日本の「青春」を描く司馬遼太郎の不滅の国民文学。その核心を大胆に解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国家が「軽かった」時代
  • 第2章 「お里」の回復
  • 第3章 ナショナリストの原像
  • 第4章 日英同盟と「封緘命令」
  • 第5章 乃木将軍と鉄道改軌
  • 第6章 「歴史的記憶」と脚気
  • 第7章 「成って居らぬ」旅順攻略戦
  • 第8章 戦争と「広報」
  • 第9章 「三笠」の記憶と石炭
  • 第10章 「天佑神助」と「無常」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「坂の上の雲」と日本人
著作者等 関川 夏央
書名ヨミ サカ ノ ウエ ノ クモ ト ニホンジン
シリーズ名 坂の上の雲
出版元 文藝春秋
刊行年月 2006.3
ページ数 291p
大きさ 20cm
ISBN 4163680004
NCID BA76444989
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21010540
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想