人事考課と多面評価の実務

久保淳志 著

人事部の役割は、人々の幸せと企業経営の向上を共に実現すること、つまり、「人間の論理と組織の論理の調和・統合」を実現することにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 360度評価と人事考課の位置づけ-評価とは一体何か
  • 第2章 いろいろな評価制度についての解説
  • 第3章 能力の捉え方と考課要素に対する理解
  • 第4章 人事考課の設計の仕方
  • 第5章 考課基準の明確化
  • 第6章 人事考課の公正処遇への結びつけ方
  • 第7章 人事考課後の調整とフィードバック
  • 第8章 人事考課の能力開発への活用
  • 第9章 評価結果のフィードバックと育成面接の効果的なすすめ方
  • 第10章 考課者訓練のすすめ方
  • エピローグ 人材育成の根源は自己啓発と自己評価

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人事考課と多面評価の実務
著作者等 久保 淳志
書名ヨミ ジンジ コウカ ト タメン ヒョウカ ノ ジツム
出版元 中央経済社
刊行年月 2006.4
ページ数 259p
大きさ 21cm
ISBN 4502596701
NCID BA76444639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21015957
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想