曖昧の七つの型  上

ウィリアム・エンプソン 著 ; 岩崎宗治 訳

"詩"は曖昧にあり-シェイクスピアから現代まで英詩を自在によむ革命的な詩論を24歳で出版したエンプソン。彼を担いだ新批評家たちよりも「広く深い社会観を具えた批評の実践」(イーグルトン)である本書、そして曖昧の概念は、20世紀言語学にも影響を与えた。戦前の日本と戦時の中国で教壇に立った生涯も、今、多方面から注目されている。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 曖昧の七つの型
著作者等 Empson, William
岩崎 宗治
エンプソン ウィリアム
書名ヨミ アイマイ ノ ナナツ ノ カタ
書名別名 Seven types of Ambiguity. (3rd ed.)
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.4
ページ数 398p
大きさ 15cm
ISBN 4003229312
NCID BA76438090
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21019720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想