ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む

野矢茂樹 著

二〇世紀哲学の方向性を決定づけたウィトゲンシュタイン前期の書『論理哲学論考』。この衝撃的著作を、哲学界きっての柔軟な語り口で知られる著者が分かりやすく読み解き、独自の解釈を踏まえて再構築する。ここでは単なる歴史的価値を超えて、『論考』の生き生きとした声を聴くことができるだろう。本書は、こう締めくくられる-「語りきれぬことは語り続けねばならない」。比類なき傑作読本にして、たまらなくスリリングな快著。ウィトゲンシュタイン思想全体の流れの中で『論考』を再評価する新原稿、「『哲学探究』から見た『論理哲学論考』」を付した増補決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 語りえぬものについては、沈黙せねばならない
  • 現実から可能性へ
  • 対象に至る方法
  • これでラッセルのパラドクスは解決する
  • 論理が姿を現す
  • 単純と複合
  • 要素命題の相互独立性
  • 論理はア・プリオリである
  • 命題の構成可能性と無限
  • 独我論
  • 自我は対象ではない
  • 必然性のありか
  • 死について、幸福について
  • 『論考』の向こう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む
著作者等 野矢 茂樹
書名ヨミ ウィトゲンシュタイン ロンリ テツガク ロンコウ オ ヨム
シリーズ名 論理哲学論考
ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.4
ページ数 382p
大きさ 15cm
ISBN 4480089810
NCID BA76437699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21046219
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想