誕生から死までのウェルビーイング : 老いと死から人間の発達を考える

内田伸子 編著

ひとは、老いて死を迎える瞬間まで発達し続けることができるのか-。「発達」の概念をとらえなおし、よりよく生きるとは何かを問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 よりよく生きるために(発達が「老い」と「死」を含むとき-それぞれのステージのそれぞれの価値
  • 中高年期以降の発達と主観的幸福感
  • 死の文化:文化人類学の立場から ほか)
  • 第2部 「老い」と「死」を問い直す(高齢期の生活の質を考える
  • 高齢期にもひとは発達する-経験知で拓かれる新しい道)
  • 第3部 発達概念は脱構築できるか(発達心理学の視点から
  • 生涯学習の視点から-定年退職を迎える団塊の世代男性を中心に
  • 発達概念の脱構築へ向けて-教育思想史の視点から ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誕生から死までのウェルビーイング : 老いと死から人間の発達を考える
著作者等 内田 伸子
書名ヨミ タンジョウ カラ シ マデノ ウェルビーイング : オイ ト シ カラ ニンゲン ノ ハッタツ オ カンガエル
書名別名 Tanjo kara shi madeno uerubiingu
シリーズ名 誕生から死までの人間発達科学 : お茶の水女子大学21世紀COEプログラム 第1巻
出版元 金子書房
刊行年月 2006.4
ページ数 205p
大きさ 22cm
ISBN 4760895213
NCID BA76415040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21009952
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想