危機の日本人

山本七平 著

日本はアメリカを凌駕してはならない。それは、日本の発展の前提である国際的秩序をみずからの手で崩壊させることになるからだ。日本が選ぶべき道は何か?社会がバブルに沸く20年前に現代日本の危機を見抜いていた山本七平が、様々な「日本人論」から浮き彫りにされた日本人の特質と行動原理を独自に検証し、現代の我々に向けて綴った一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 相手を知るにはどうするか(敵を知るにはどうするか
  • ギャラップ調査に見る「日本人」像 ほか)
  • 第1章 欧米人の見た日本(宣教師たちは日本をどう見ていたか
  • 「生来、道理に明らか、盗みを憎む…」 ほか)
  • 第2章 『看羊録』の日本(日本に拉致された韓国人の見聞記
  • 上下の区別がなく威厳に欠ける ほか)
  • 第3章 『人鏡論』の日本(世界に類のないユニークな作品
  • 著作者不明の大ベストセラー ほか)
  • 第4章 未来への課題(「仏道のくせは幻術なり、儒道のくせは文辞なり」
  • 「自然」に対する誠実こそ人の「道」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 危機の日本人
著作者等 山本 七平
書名ヨミ キキ ノ ニホンジン
書名別名 Kiki no nihonjin
シリーズ名 角川oneテーマ21 A-48
出版元 角川書店
刊行年月 2006.4
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 4047100307
NCID BA76401818
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21014638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想