学問のすゝめ

福沢諭吉 著 ; 伊藤正雄 校注

近代日本を代表する思想家が説く、国民の精神革命。自由平等・独立自尊の理念を掲げ、西洋的「実学」を奨励する不朽の書に、より多くの読者が親しむことを企図し、本書は流麗な文語調の原文に長年の研究成果を結実させた丁寧な語釈・解説を付した。国際社会の中の日本、日本人のあり方を考えるうえで、いまなお重要な指針を示す現代人必読の一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人は同等なること
  • 国は同等なること
  • 一身独立して一国独立すること
  • 学者の職分を論ず
  • 明治七年一月一日の詞
  • 国法の貴きを論ず
  • 国民の職分を論ず
  • わが心をもつて他人の身を制すべからず
  • 学問の旨を二様に記して中津の旧友に贈る文
  • 前編の続き、中津の旧友に贈る
  • 名分をもつて偽君子を生ずるの論〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学問のすゝめ
著作者等 伊藤 正雄
福沢 諭吉
書名ヨミ ガクモン ノ ススメ
書名別名 Gakumon no susume
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.4
ページ数 344p
大きさ 16cm
ISBN 4061597590
NCID BA76397244
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21013183
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想