新会社法と中小会社会計

武田隆二 編著

本書は、21世紀という新しい時代に適応するために制定された新会社法において、改正前の商法に比べて著しい変化を遂げた問題点を取り出上げ、それを会計・管理・組織再編という各視点から照らし出すことを課題とするものである。新会社法の特徴点は、多様な機関設計ができるようになったこと、資本制度の考え方が大きく変化したこと、合同会社という機動的な企業形態の登場、会計参与制度の創設と会計帳簿の規定化、「資本の部」から「純資産の部」への移行など計算書類の体系の変化等であり、本書では、これら会社法規定を解説するとともに、中小会社の実務の考え方について総合的に解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 新会社法と本書の狙い
  • 第1章 新会社法と中小会社会計
  • 第2章 新会社法と計算書類
  • 第3章 新会社法と資本制度
  • 第4章 中小会社と資本の会計
  • 第5章 中小会社の機関とその設計
  • 第6章 中小会社と会計参与制度
  • 第7章 会計帳簿と適時性・正確性
  • 第8章 株式と資本制度
  • 第9章 中小会社と組織再編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新会社法と中小会社会計
著作者等 武田 隆二
書名ヨミ シン カイシャホウ ト チュウショウ カイシャ カイケイ
書名別名 Shin kaishaho to chusho kaisha kaikei
出版元 中央経済社
刊行年月 2006.4
ページ数 311p
大きさ 21cm
ISBN 4502260509
NCID BA76381652
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21010575
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想