わが人生の記

ジャック=ルイ・メネトラ 著 ; ダニエル・ロシュ 校訂・解説 ; 喜安朗 訳

わたしは1738年7月13日の生まれ、出生地はこの大都市パリである。わたしの父は手工業者と一般にいわれている人々からなる階層に属し、ガラス屋を職業としていた。父は結婚すると同時に自立した。結婚相手は貞淑な娘で、父との間に4人の子をもうけた。3人が女の子、一人が男の子、このわたしで、これから書こうとしているのは、このわたしについてのちょっとした無分別な行動の数々なのだ。職人が残した驚くべき日誌。十八世紀フランス社会と巡歴職人の生活を克明に記した、第一級史料、待望の全訳。詳細な注、解説、ロバート・ダーントンの序文付き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ある庶民の自叙伝
  • わが人生の記
  • ジャック=ルイ・メネトラ、十八世紀を生きたある人生のかたち
  • 1 子ども時代、結婚、文化
  • 2 快楽と遊び-笑い、暴力、セクシャリテ
  • 3 仕事、絆を深める喜び、そして経済力
  • 4 空間と場、時間と動作
  • 5 社会的世界
  • 6 宗教と個性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わが人生の記
著作者等 Darnton, Robert
Ménétra, Jacques-Louis
Roche, Daniel
喜安 朗
M'en'etra Jacques‐Louis
ロシュ ダニエル
メネトラ ジャック=ルイ
書名ヨミ ワガ ジンセイ ノ キ : ジュウハッセイキ ガラス ショクニン ノ ジデン
書名別名 Journal de ma vie. (2e ed.)

十八世紀ガラス職人の自伝
出版元 白水社
刊行年月 2006.4
ページ数 569p
大きさ 22cm
ISBN 4560026157
NCID BA76377327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21008323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ある庶民の自伝 ダイネル・ロシュ
わが人生の記 ジャック=ルイ・メネトラ
ジャック=ルイ・メネトラ、十八世紀を生きたある人生のかたち ダニエル・ロシュ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想