一葉文学の研究

峯村至津子 著

[目次]

  • 序説-一葉小説と同時代環境
  • 第1章 縫うこと、綻びること-「ゆく雲」お縫の造型をめぐって
  • 第2章 "安全な場所"の崩壊-「ゆく雲」に於ける手紙の意味
  • 第3章 「うつせみ」の狂気
  • 第4章 狂気を描く方法-「うつせみ」に於ける古典利用とその効果
  • 第5章 くもらぬ月-「十三夜」の或る表現をめぐって
  • 第6章 "文明の陰"への眼差し-「われから」と当時の世相
  • 第7章 非「理想の佳人」-「われから」美尾の物語
  • 第8章 "物思はぬ女"から"物思ふ女"へ-「われから」論

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 論文目録
  • 目次
  • 総説 / p1
  • 一 「われから」論(上)(下) / p1
  • 二 「うつせみ」の方法に関する-考察・狂気・他界・古典からの引用- / p295
  • 三 「うつせみ」の狂気-同時代小説の中の一葉文学-
  • 四 一葉小説と同時代環境 / p132
  • 五 「にごりえ」五章、「丸木橋」の背景 / p81
  • 論文目録

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 一葉文学の研究
著作者等 峯村 至津子
書名ヨミ イチヨウ ブンガク ノ ケンキュウ
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.3
ページ数 271, 12p
大きさ 22cm
ISBN 4000267388
NCID BA76376448
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21013404
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想