春画で読む江戸の性愛

白倉敬彦 著

世界史的にも稀有なエロティック・アートに描かれた老人・子どもの姿。カラー口絵16点、モノクロ図版87点を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 春画の中の老人たち(老爺-性能力の維持も努力次第
  • 老婆-上品で色気のある理想的な「お婆さん」
  • 老夫婦-何歳になっても色事から抜け出せず)
  • 第2部 春画の中の子どもたち("乳呑子"を抱く母に欲情する男たち
  • "性愛の場"から追い払われる子ども
  • 「あどけない」子ども像の誕生
  • "大人の睦事"の側で遊ぶ子ども ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 春画で読む江戸の性愛
著作者等 白倉 敬彦
書名ヨミ シュンガ デ ヨム エド ノ セイアイ : ロウジン コドモ ノ シセン カラ
書名別名 老人・子どもの視線から
出版元 洋泉社
刊行年月 2006.2
ページ数 191p
大きさ 20cm
ISBN 4896919920
NCID BA76336807
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20981416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想