自分自身への審問

辺見庸 著

脳出血、癌…ある日突然、二重の災厄に襲われたらどうする?!突き上げる衝迫のなか、死に身で書き抜いた生と死、現世への異議、そして自分への「有罪宣告」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 死、記憶、恥辱の彼方へ(記憶を失うこと
  • 自己身体として生きる ほか)
  • 第2章 狂想モノローグ-「かさねてきた徒労のかずをかぞえるな」
  • 第3章 人の座標はどのように変わったか(風景の耐えられない軽さ
  • 万物商品化と物語の喪失 ほか)
  • 第4章 視えない風景のなかへ(「言葉と言葉の間に屍がある」-沼沢均を偲ぶ会へのメッセージ
  • 『自動起床装置』の想い出 ほか)
  • 第5章 自分自身への審問

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自分自身への審問
著作者等 辺見 庸
書名ヨミ ジブン ジシン エノ シンモン
書名別名 Jibun jishin eno shinmon
出版元 毎日新聞社
刊行年月 2006.3
ページ数 189p
大きさ 20cm
ISBN 4620317551
NCID BA76336228
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21001921
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想