マネタリー・エコノミクス : 国際経済の金融理論

向壽一 著

マネーの取引規模がモノの取引規模をはるかに上回る現代、貨幣および金融の分析は経済学にとって決定的な重要性をもつ。本書は、ケインズの洞察を基礎にし、価値論、貨幣論、銀行論、証券論、国際金融論といった金融理論を再構築したものである。標準的な金融理論を批判的に検討し、理論と現実との接合を試みる新しい教科書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 経済学の初歩
  • 貨幣
  • 価値と価格
  • 銀行と信用創造
  • 金利体系形成と中央銀行
  • 証券市場と企業統治
  • 株価形成の理論と現実
  • 経済循環と金融政策の効果
  • 国民所得と産業連関表
  • オープンマクロ経済と国際収支
  • 国際通貨と外国為替システム
  • 外国為替相場の変動
  • オープンマクロの金融政策と国際通貨制度
  • 価格メカニズムと貨幣価値の安定

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マネタリー・エコノミクス : 国際経済の金融理論
著作者等 向 寿一
書名ヨミ マネタリー エコノミクス : コクサイ ケイザイ ノ キンユウ リロン
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.4
ページ数 302p
大きさ 21cm
ISBN 4000021656
NCID BA76329299
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21027956
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想