バイオ・ケミルミネセンスハンドブック

今井一洋, 近江谷克裕 編著

バイオルミネセンス(生物発光)、ケミルミネセンス(化学発光)の手法が面白い。細胞内の特定遺伝子の転写量を光で測定でき、細胞内のタンパク質切断過程を視覚的に捉えることができる斬新な手法が今注目されている。また、発光検出が高感度なため臨床検査での免疫測定法の検出に普及しつつある。生物発光、化学発光を初めて学ぶ学生や大学院生、現場で働く研究者に役に立つ"生物発光と化学発光"に関する基礎から応用面まで網羅するハンドブックであり、学生実験マニュアルとしても活用できる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生物発光(生物発光概論
  • 生物発光の生物学 ほか)
  • 第2章 化学発光(化学発光とは
  • 分子レベルでみる化学発光 ほか)
  • 第3章 発光の計測(発光を計測する機器
  • どのように発光は計測されるのか)
  • 第4章 発光技術の応用展開(臨床検査に用いられる発光
  • 身近な遺伝子解析を目指した発光 ほか)
  • 第5章 身近で実践する生物発光・化学発光(光で遊ぶ
  • 酵素の特性を発光で学ぶ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオ・ケミルミネセンスハンドブック
著作者等 今井 一洋
近江谷 克裕
書名ヨミ バイオ ケミルミネセンス ハンドブック
書名別名 Handbook of bio-chemiluminescence
出版元 丸善
刊行年月 2006.3
ページ数 233p 図版2p
大きさ 26cm
ISBN 4621077104
NCID BA76321209
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21010147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想