バルカン学のフロンティア

柴宜弘, 佐原徹哉 編

バルカン問題の背景にある文化的基盤を掘り下げ、血なまぐさい対立のイメージとは異なる世界を描く!可能性を秘めた地域への誘い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ヨーロッパとバルカン-バルカン地域研究覚書き
  • 2 セルビア前衛詩と『日本の古歌』-林檎の花ふる中庭で
  • 3 ボスニア・ムスリム叙事詩の英雄アリヤ・ジェルゼレズについて
  • 4 アンドリッチの「アリヤ・ジェルゼレズ」
  • 5 空白からの視線-クストリッツァ映画における他者の表象
  • 6 中世セルビアの貴族-比較による一つの試み
  • 7 南トランシルヴァニアにおけるドイツ人都市の多民族都市への変容-一八世紀後半のヘルマンシュタット(シビウ、ナジセベン)
  • 8 ヴラヒ研究序論-一九世紀末のマケドニア、イピロスにおけるヴラヒ同化運動をめぐって
  • 9 東方正教と民族の誕生-ブルガリア教会独立運動と地域社会
  • 10 クロアチア独立国の日本公使館

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バルカン学のフロンティア
著作者等 中島 崇文
佐原 徹哉
唐沢 晃一
山崎 佳代子
村田 奈々子
柴 宜弘
栗原 成郎
猪瀬 敦
田中 一生
茂野 玲
書名ヨミ バルカンガク ノ フロンティア
シリーズ名 叢書東欧 10
出版元 彩流社
刊行年月 2006.3
ページ数 269p
大きさ 21cm
ISBN 4779111498
NCID BA76300592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21009419
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想