ミース再考 : その今日的意味

ケネス・フランプトン 他著 ; 澤村明, EAT 訳

名著復刻。ミースとその仲間たちが建築シーンに与えた衝撃は、いまだ否定しようのない重みをもつ。本書に収録された論考は、建築を批判的に見ることの多様さを示すと同時に、ミースという建築家とその作品を知るよき指針ともなるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ルートヴィッヒ・ミース・ファン・デル・ローエの生涯
  • 第2章 ミースの作品におけるモダニズムと伝統について-一九二〇年‐一九六八年
  • 第3章 ミースと高層建築-文通による歴史・イデオロギー・継承についての討論
  • 第4章 洗練-ミースの文化を彼の筆にたどる
  • 第5章 ミース・ミメシス・ミスリーディング-意味ある・意味ない
  • 第6章 ミースとその弟子-テクストとしてのアメリカ建築とその読解
  • 付録 アメリカン・モダニスト列伝

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミース再考 : その今日的意味
著作者等 Frampton, Kenneth
Zukowsky, John
イーエイティー一級建築士事務所
沢村 明
EAT
フランプトン ケネス
書名ヨミ ミース サイコウ : ソノ コンニチテキ イミ
書名別名 Mies reconsidered

Misu saiko
シリーズ名 SD選書 242
出版元 鹿島出版会
刊行年月 2006.4
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 4306052427
NCID BA76276261
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21006503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想