入札関連犯罪の理論と実務 : 談合構造解消に向けての捜査のすべて

郷原信郎 著

談合関連事件捜査の第一人者による実務書。競売入札妨害罪の構造と談合システムを徹底分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 序論(公共調達制度の歴史的経緯
  • 競売入札妨害罪の制定経過)
  • 第2編 競売入札妨害罪の構成要件とその解釈(保護法益としての「公の入札の公正」
  • 談合罪 ほか)
  • 第3編 公共調達をめぐる談合システムの構造と歴史的経過(戦後の談合に対する制裁・処罰の経過
  • 「談合システム」の構造的要因の分析 ほか)
  • 第4編 競売入札妨害罪の捜査実務上の問題と検討(「公正なる価格を害する目的」の立証)
  • 特別補講 経済事犯の動向と犯罪捜査の実務

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入札関連犯罪の理論と実務 : 談合構造解消に向けての捜査のすべて
著作者等 郷原 信郎
書名ヨミ ニュウサツ カンレン ハンザイ ノ リロン ト ジツム : ダンゴウ コウゾウ カイショウ ニ ムケテ ノ ソウサ ノ スベテ
書名別名 Nyusatsu kanren hanzai no riron to jitsumu
出版元 東京法令
刊行年月 2006.2
ページ数 241p
大きさ 21cm
ISBN 4809011283
NCID BA76245213
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21085953
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想