男女交際進化論「情交」か「肉交」か

中村隆文 著

最初にお伺いしましょう。あなたは「男女交際」に興味がありますか?あれ、どうしてモジモジされるのですか。ニヤニヤしている方もいらっしゃいますね。「男女交際」という言葉の本来の意味は、辞書を引いても決して理解することはできません。「男女交際」とは、単に「男女」と「交際」という単語が結合しただけの熟語ではありません。明治の始めに、あの福沢諭吉が作り上げた、文明開化の薫り高い言葉なのです。そしてこの言葉の置かれた状況や歴史を見ていくと、「男女同権」を実現し、近代社会を構築していく手段に他ならなかったことが見えてきます。不思議で真面目な「男女交際」ワールドを一緒にお楽しみください。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 二つの恋
  • 第2章 福沢諭吉と『男女交際論』
  • 第3章 恋人たちの文明開化-女性知識人階層の登場
  • 第4章 恋愛神聖論
  • 第5章 恋愛哲学と『青春』
  • 第6章 「オールドミス」から「新しい女」へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 男女交際進化論「情交」か「肉交」か
著作者等 中村 隆文
書名ヨミ ダンジョ コウサイ シンカロン ジョウコウ カ ニクコウ カ
書名別名 Danjo kosai shinkaron joko ka nikuko ka
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2006.3
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 4087203360
NCID BA76237725
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20998318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想