巨大地震の日 : 命を守るための本当のこと

高嶋哲夫 著

日本には、地震予知のための組織が大きく分けても6つある。毎年、膨大な予算がつかわれる。しかし、マグニチュード7.3という巨大地震が予知された例は、いまだ世界にひとつしかない。一九七五年、中国遼寧省の地震ただひとつである。事前の警報はないと思ったほうがよい。そして、予知組織の発表する楽観的被害予測に惑わされることなく、自分の命は守らなくてはならない。本書にはそのための「よすが」となる貴重な情報と教訓が込められている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 東京を襲う巨大地震
  • 2 巨大地震のあとに-湧き起こる多くの問題
  • 3 海溝型巨大地震
  • 4 津波
  • 5 防災と減災
  • 6 政府が行なっていること

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 巨大地震の日 : 命を守るための本当のこと
著作者等 高嶋 哲夫
書名ヨミ キョダイ ジシン ノ ヒ : イノチ オ マモル タメノ ホントウ ノ コト
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2006.3
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 4087203352
NCID BA76224993
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20998316
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想