ライプニッツの国語論 : ドイツ語改良への提言

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ 著 ; 高田博行, 渡辺学 編訳

自らの母国語であるドイツ語をいかにして豊かな文化言語へと育成すべきか。学術言語として圧倒的な通用範囲を誇っていたラテン語の独占状態に抗して、ライプニッツは民衆の言語であるドイツ語を日常言語のレベルを越えて学術文化を担いうる言語にまで成長させるシナリオを具体的に描いて見せた。…よみがえる=ライプニッツの「国語改良のシナリオ」思想家ライプニッツが提案した文化言語化計画(本邦初訳)。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 知性と言語をよりよく鍛練するようドイツ人たちへ諭す-ドイツ的志向の協会を設立する提案を付して(1846年刊)
  • ドイツ語の鍛練と改良に関する私見(1717年刊)
  • 解説(母語に対するまなざし
  • 『ドイツ語の鍛練と改良に関する私見』
  • 『知性と言語をよりよく鍛練するようドイツ人たちへ諭す』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ライプニッツの国語論 : ドイツ語改良への提言
著作者等 Leibniz, Gottfried Wilhelm
Leibniz, Gottfried Wilhelm, Freiherr von
渡辺 学
高田 博行
ライプニッツ ゴットフリート・ヴィルヘルム
書名ヨミ ライプニッツ ノ コクゴロン : ドイツゴ カイリョウ エノ テイゲン
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 843
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2006.3
ページ数 148p
大きさ 20cm
ISBN 4588008439
NCID BA76214275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21096323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想