世紀転換期ドイツの文化と思想 : ニーチェ、フロイト、マーラー、トーマス・マンの時代

斎藤成夫 著

[目次]

  • 第1章 一八四八年‐一九五五年のドイツにおける史的状況
  • 第2章 一八四八年‐一九五五年のドイツにおける文化状況
  • 第3章 フリードリヒ・ニーチェ(一八四四‐一九〇〇)-ニヒリストにして再生論者
  • 第4章 ジークムント・フロイト(一八五六‐一九三九)-進歩主義者にしてペシミスト
  • 第5章 グスタフ・マーラー(一八六〇‐一九一一)-オペラ指揮者にしてシンフォニスト
  • 第6章 トーマス・マン(一八七五‐一九五五)-保守主義者にしてヒューマニスト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世紀転換期ドイツの文化と思想 : ニーチェ、フロイト、マーラー、トーマス・マンの時代
著作者等 斎藤 成夫
書名ヨミ セイキ テンカンキ ドイツ ノ ブンカ ト シソウ : ニーチェ フロイト マーラー トーマス マン ノ ジダイ
出版元 同学社
刊行年月 2006.1
ページ数 159, 7p
大きさ 20cm
ISBN 481020149X
NCID BA76206164
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21004730
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想