ひきこもり当事者と家族の出口

五十田猛 編著

ひきこもりの背景にはさまざまな要因がある。その一つが家族関係、生育環境にあることはまちがいないだろう。しかし、現代の子育てや教育の困難、そこから来る焦りや不安感は、個人の事情を超え、社会全体に共通する問題としてとらえるべきことだ。このような理解のもとで、子ども・若者たちを受けとめ、家族を含めて支援していくにはどうしたらいいのか。本書は相談活動だけでなく、ひきこもり経験者たちの社会復帰のための「仕事さがし」「仕事おこし」まで行う著者が、その活動のなかで見出だした支援のあり方、そして多様な「出口」の可能性を具体的にまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 虐待の周縁にある躾(ひきこもりの背景と意味
  • 無意識の、善意による躾のもとで ほか)
  • 第2章 "ひきこもり期"の発見(人とかかわる力
  • 社会性を身につけるとは ほか)
  • 第3章 ひきこもりからの復帰(学校・職場復帰と同世代復帰
  • 当事者・家族を社会から孤立させない ほか)
  • 終章 ひきこもり-腐敗した世界の気弱な摘出者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひきこもり当事者と家族の出口
著作者等 五十田 猛
書名ヨミ ヒキコモリ トウジシャ ト カゾク ノ デグチ
書名別名 Hikikomori tojisha to kazoku no deguchi
シリーズ名 寺子屋新書 17
出版元 子どもの未来社
刊行年月 2006.1
ページ数 215p
大きさ 18cm
ISBN 4901330578
NCID BA76200474
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21059757
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想