フランシス・ベイコン《磔刑》

イェルク・ツィンマーマン 著 ; 五十嵐蕗子, 五十嵐賢一 訳

暴力に晒され、暴力に苛まれる人間の姿を描き続けた20世紀絵画の巨匠フランシス・ベイコン。ナチスによる残虐行為をテーマに潜ませたこの絵を、ドイツ人である著者が詳細に腑分けし、画家が切り拓いた「現実にたいする新しい見方」を探り出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ぼくは何も語らない
  • きわめて統一のとれた明快な背景
  • すばらしく便利な架台
  • 筆のひと掃きの行方
  • 生か死かは、投げられたコインの裏表
  • 腕のまわりの赤
  • 口の形はどのように変質してゆくのか
  • 何かをするでもなく
  • 絶対絵画へのアプローチ
  • 人間の行動のひと幕
  • 強調され、かつ孤立した位置
  • ストーリーを語らずに多くの人物を描く
  • くりかえし新しく創出されるリアリズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランシス・ベイコン《磔刑》
著作者等 Zimmermann, Jörg
五十嵐 蕗子
五十嵐 賢一
Zimmermann J¨org
ツィンマーマン イェルク
書名ヨミ フランシス ベイコン タッケイ : ボウリョクテキナ ゲンジツ ニ タイスル アタラシイ ミカタ
書名別名 Francis Bacon Kreuzigung

暴力的な現実にたいする新しい見方

Furanshisu beikon takkei
シリーズ名 作品とコンテクストseries
出版元 三元社
刊行年月 2006.2
ページ数 137p
大きさ 19cm
ISBN 4883031691
NCID BA76179946
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21092980
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想