ラジオ記者、走る

清水克彦 著

予算はわずか。スタッフは少ない。海外支局も無い。永田町で番記者に邪険にされ悲哀を感じることも度々。それでもラジオには意地と心意気と知恵がある。戦争、震災、大統領選…あらゆる現場へマイク一本片手にラジオ記者は向かう。時に大物代議士を口説き落とし、時にファーストレディに身を捧げる。文化放送プロデューサーによる現場発のラジオ論。地味な奴だとお思いでしょうが、ラジオはこんなに面白い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 田中眞紀子代議士を口説き落とした日
  • 2 ラジオ報道の現場
  • 3 孤軍奮闘の永田町取材
  • 4 戦争取材にも出かける
  • 5 火砕流、大震災の現場レポート
  • 6 ファーストレディに身を捧げ
  • 7 「石炭メディア」ラジオの未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラジオ記者、走る
著作者等 清水 克彦
書名ヨミ ラジオ キシャ ハシル
書名別名 Rajio kisha hashiru
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2006.3
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 4106101580
NCID BA76164155
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21006486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想