ルート66をゆく : アメリカの「保守」を訪ねて

松尾理也 著

五大湖のほとりシカゴから西海岸サンタモニカまで全長三千九百キロ、米国の真ん中を横断する「ルート66」。イリノイ、ミズーリなど中西部を貫くこのルート上は、米国内の典型的「保守」層が多く占める地である。進化論も否定するキリスト教原理主義、中絶や同性婚を忌み嫌い、子供は公立学校に通わせず、小さな政府を熱望する…。ニューヨークでもロスでもない、"敬虔で頑迷な彼ら"こそ大国の根幹を成す実像であった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ハートランドとは何か=イリノイ州シカゴ
  • 2 心のすきま埋める教会=ミズーリ州セントルイス
  • 3 ひろがる進化論論争=カンザス州ガレーナ
  • 4 最前線担う市民兵=オクラホマ州オクラホマシティー
  • 5 草の根保守の群像=オクラホマ州オクラホマシティー
  • 6 ノスタルジック・ルート=ニューメキシコ州アルバカーキ
  • 7 燃える国境線=アリゾナ州ダグラス
  • 8 「アメリカ」の争奪戦=テキサス州アマリロ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルート66をゆく : アメリカの「保守」を訪ねて
著作者等 松尾 理也
書名ヨミ ルート 66 オ ユク : アメリカ ノ ホシュ オ タズネテ
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2006.3
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 4106101572
NCID BA76164097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21006487
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想