会計制度の経済学

山本昌弘 著

経済学と会計学のコラボレーション。会計基準の世界標準化を背景に加速する相互参入・交流を展望。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 会計制度の経済理論(市場と会計-新制度派経済学による比較分析
  • エコノミストの会計学説史
  • 会計と経済学-経済学と会計学の微妙な関係)
  • 第2部 会計制度の諸類型(会計標準化の国際政治経済学
  • 比較会計制度分析-大陸型会計制度の限界
  • 日本的会計制度の変質-高度経済成長からバブル崩壊、構造改革へ
  • 多国籍企業に不可欠な会計システム)
  • 第3部 会計制度各論(割引キャッシュフローによる時価評価-バランス・シートとキャッシュフロー計算書
  • 利益管理が施される損益計算書-契約の経済学による展開
  • 投資決定プロセスと管理会計)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会計制度の経済学
著作者等 山本 昌弘
書名ヨミ カイケイ セイド ノ ケイザイガク
書名別名 Kaikei seido no keizaigaku
出版元 日本評論社
刊行年月 2006.3
ページ数 258p
大きさ 20cm
ISBN 4535554587
NCID BA76157954
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21001924
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想