まな板

石村眞一 著

日本をはじめアジア、ヨーロッパの各地で多種多様なまな板を調査し、それらを比較・分類して、その使用法と食文化との関係を探る。さらに、考古・文献・絵画・写真資料を駆使して、まな板の変遷と台所や家具とのかかわりの歴史を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 俎・まな板の起源と中国における展開
  • 第2章 日本の古代から中世に使用された俎・まな板
  • 第3章 日本の近世に使用された俎・まな板
  • 第4章 日本の近代に使用されたまな板
  • 第5章 世界のまな板文化
  • 第6章 現代のまな板

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 まな板
著作者等 石村 真一
石村 眞一
書名ヨミ マナイタ
書名別名 Manaita
シリーズ名 ものと人間の文化史 132
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2006.3
ページ数 349, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4588213210
NCID BA76137946
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21005638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想