いま平和とは : 人権と人道をめぐる9話

最上敏樹 著

二一世紀に入っても武力紛争や大規模な人権侵害は止むことがなく、暴力と憎悪の連鎖が続いている。そして世界には、新たな分断線が引かれ始めた。いま、平和を築き上げるために、国連や国際法そして市民には何ができるのだろうか。いかにすれば、人間は対立を超えて真に和解できるのか。人権と人道の時代を迎えるための条件をさぐる9話。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 尽きせぬ武力紛争-「新しい戦争」の時代に
  • 未完の理想-国連による平和
  • 平和のための法-国際人道法と国際刑事裁判
  • 平和を再定義する-人間のための平和
  • 人道的介入-正義の武力行使はあるか
  • 平和と人権と市民たち-市民社会の世界化へ
  • 核と殱滅の思想-人間の忘却としての平和破壊
  • 絶望から和解へ-人を閉じ込めてはならない
  • 隣人との平和-自分を閉じ込めてはならない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いま平和とは : 人権と人道をめぐる9話
著作者等 最上 敏樹
書名ヨミ イマ ヘイワ トワ : ジンケン ト ジンドウ オ メグル 9ワ
書名別名 Ima heiwa towa
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.3
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 4004310008
NCID BA76132148
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21012164
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想