ブルバキ数学史  上

ニコラ・ブルバキ 著 ; 村田全, 清水達雄, 杉浦光夫 訳

「構造」の観点から20世紀の数学全体を基礎づけ直したフランスの若き数学者集団ブルバキ。彼らの壮大な試みはユークリッドの『原論』を模して『数学原論』40余冊として結晶した。最新の各理論の指導的理念やその形成展開の過程はどのようなものであったのか。膨大な原典史料を駆使して、理論の背後にある思考様式や哲学を含め考察したものが、「歴史覚えがき」として著された本書である。「構造」を「歴史」から逆照射する、数学者自身によるユニークな数学史。数学専攻の学生・研究者はもちろん、「構造主義」哲学に関心ある読者には必読。文庫版は3篇を増補した決定版。上巻は「一様空間」まで。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 数学の基礎、論理、集合論
  • 記数法、組合せ論
  • 代数学の進展
  • 線型および複線型代数学
  • 多項式と可換体
  • 整除性、順序体
  • 可換代数学、代数的整数論
  • 非可換代数学
  • 2次形式、初等幾何学
  • 位相空間
  • 一様空間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブルバキ数学史
著作者等 Bourbaki, Nicolas
杉浦 光夫
村田 全
清水 達雄
ブルバキ ニコラ
書名ヨミ ブルバキ スウガクシ
書名別名 Elements d'histoire des mathematiques. (第3版)

Burubaki sugakushi
シリーズ名 ちくま学芸文庫
巻冊次
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.3
ページ数 318p
大きさ 15cm
ISBN 4480089772
NCID BA76124161
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21012842
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想