大欧州の時代 : ブリュッセルからの報告

脇阪紀行 著

加盟国の東方拡大や、欧州憲法の頓挫を経て、EUはこれからどこへ向かうのか。そもそも巨大組織の仕組みはどうなっているのか。諸政策をめぐる熾烈な駆け引き、欧州外交の試みなどを多くの事例を通して描き出す。山積する問題を抱えつつも新しい可能性を模索し続ける、壮大な実験の現場からのレポート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ブリュッセルの素顔
  • 第2章 大欧州支える論理と構造
  • 第3章 新政策はブリュッセルに発す
  • 第4章 欧州外交の新展開
  • 第5章 欧州憲法への挑戦
  • 第6章 岐路に立つ大欧州
  • エピローグ 二つの共同体-ヨーロッパと東アジア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大欧州の時代 : ブリュッセルからの報告
著作者等 脇阪 紀行
書名ヨミ ダイオウシュウ ノ ジダイ : ブリュッセル カラノ ホウコク
書名別名 Daioshu no jidai
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.3
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 4004309972
NCID BA76123012
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21012165
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想