菅原道真の詩と学問

谷口孝介 著

[目次]

  • 第1章 道真文学の生成(『菅家文草』『菅家後集』の詩体と脚韻
  • 外交としての贈答詩 ほか)
  • 第2章 菅原道真と宇多天皇(君臣唱和の理想-寛平の治の始発
  • 菅原道真と神仙思想-源能有五十賀屏風詩をめぐって ほか)
  • 第3章 道真文学の行くえ(『菅家後集』の世界-『白氏文集』を対称軸として
  • 『菅家後集』の成立 ほか)
  • 第4章 菅原道真と『三代実録』-紀伝道の成果(天安二年文徳天皇喪葬記事の「隠微」
  • 貞観二年朔旦冬至における「経」と「術」と ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 菅原道真の詩と学問
著作者等 谷口 孝介
書名ヨミ スガワラ ミチザネ ノ シ ト ガクモン
出版元 塙書房
刊行年月 2006.2
ページ数 423p
大きさ 22cm
ISBN 482730100X
NCID BA76095234
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21086567
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想